食と旅を中心に、思うことや日々の徒然など、気の向くままに綴っています。


by unice_321
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アル・ゴア氏「不都合な真実」特別講演を拝聴して。

11月19日、20日と早稲田大学の大隈講堂で「地球環境グローバルサミット」が
開催されています。

「早稲田大学大隈講堂」
f0180200_155421.jpg

(↑この写真の中に元バレー選手の川合俊一さんが写ってます。右下です。
やっぱり画面中央やや左にモヤが・・・。来週修理に出す予定です。涙)

このサミットは、以下の構想のもとに開催されました。(公式ホームページより抜粋)

「毎年行われる先進国首脳会議G8の開催国において、
 民間レベルで地球環境問題を取り上げ、個人、企業、団体や機関が一体となって、
 グローバルな行動を展開していくという目的で生まれました。」


このサミットの幕開けの基調講演として、
ノーベル平和賞受賞者/第45代アメリカ合衆国副大統領 アル・ゴア氏の
「不都合な真実」特別講演が行われ、私はそれを拝聴しました。


予備知識として、事前に今回の講演と同名の著書を読んでおきました。


1時間半に及ぶ講演は実に内容の濃い充実した講演でした。

膨大なスライドの量。言葉だけではなく、視覚から得るメッセージがとても強く、
印象に残りました。時には目を覆いたくなるような真実さえもありました。

ただ、それこそが真実なのですが・・・。

また、その説得力と、情報量(直近では前日の出来事まで盛り込んだ内容。)は
圧巻でした。
言語こそ英語・日本語という差はあれど、地球温暖化が自分の遠い所で起こっている
ことではなく身近な物なのだということを感じさせるような展開と口調。聴いているうちに
ゴア氏の世界に引き込まれていました。
時には日本の統計データを織り交ぜて説明したり、ジョークで会場を沸かせる等
”一プレゼンテーション”としても非常に参考になる講演でした。

ゴア氏の「不都合な真実」については、様々な意見もあるようです。
しかし以下が事実には間違いはないのではないでしょうか。
(私は単なる一般人でデータ等の説得力のある統計や根拠は持ち合わせていませんが。)

 ■ 地球温暖化が進行していること
 ■ 人間が地球環境を破壊していること
 ■ 危機意識が低いということ

「自分が動かなければ問題は解決しないのです。」

これが今回の講演の中で一番印象に残った言葉です。


実は私の友人の一人は「不都合な真実」の映画を見て感銘を受け、
某有名企業をサラっと退職し、青年海外協力隊として今ケニアにいます。
それは、ケニアの人々に環境教育をするためです。


私にはそこまで出来ないかもしれない。
でも、私にも出来ることがきっとあるはずです。

小さいことからでも、着実に実践して力になりたいと思います。


☆ ☆
写真の中に川合俊一さんがいるのは、実は川合俊一さんがこのサミットの
実行委員さんだったからなんです。
グローバルサミットのHPを見ている時は「何で川合さん?」と思っていたのですが、
川合さんは砂浜のゴミ拾い等の様々な取り組みをされているそうです。
昨日のゴア氏の講演について、ご自身のブログで触れていらっしゃいますよ♪
2008/11/19の記事です。



このサミットの存在を知ったのが1週間前。
その日のうちに図書館で「不都合な真実」を借りて読み込みました。

というよりも、こちらもかなり図や写真が多く、気が付くと読み終えていた
という感じです。
人生についても考えさせられるような表記もありました・・・。

そして、応募締切日の16日。一般招待200人のうちの1人になれるよう、
熱いメッセージを送り、今回のサミットに申し込みました。
(携帯電話から、携帯メールアドレス&熱いメッセージを送ることが唯一の応募方法。)

そして当選メールが届いたのが11月17日!


今回の講演をとても楽しみに大隈講堂へ入りました♪
今年だか昨年、改修工事を終えた大隈講堂は少し綺麗になっていました。
ここに入るのは・・・学生の時以来です。(卒業生なんです。)

サミット開催前の会場内はデジタル掛け軸という長谷川章氏の作品が映し出されており、
幻想的な雰囲気でした。
実は、アル・ゴア氏の講演前に早稲田大学名誉博士学位の贈呈式が行われたり、
川合俊一さんや長谷川章さんによる記念品の贈呈が行われたりしたのです。

講演の後のお昼はせっかくなので学食を♪

大学生ではない自分が学食に居たら浮くのではないかと、かなり緊張しながら
学食に行きました。(年齢を明かすと27歳です。デヘヘ。)

が、全く問題ありませんでした。

そりゃぁ、職員の人とか院生は様々な年齢の人が居ますもんね。
全くの考えすぎでした(((^^; 自意識過剰もほどほどに。(笑)

これで581円です。
f0180200_15164811.jpg



そして、午後にはまた違ったプログラムもあり、夜までじっくりお話を聞いてから
帰ってきました。(午後の話はまた今度記事にしたいと思います。)
[PR]
by unice_321 | 2008-11-20 15:21 | 旅行・お出かけ・イベント