食と旅を中心に、思うことや日々の徒然など、気の向くままに綴っています。


by unice_321
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

女のワガママ、男の優しさ。

先日の箱の答えはコチラ・・・白い恋人のお菓子のでした。
f0180200_828595.jpg


ツレの北海道の出張土産です。
というか、ツレに頼んで買ってきてもらったお菓子なんです。


これには女のワガママが関係しているのです。(笑)


先日、1泊2日で北海道出張が決まったツレ。
1泊といっても、都内で通常の仕事が終わった後に北海道へ移動。
(1泊といっても前泊でした。)
そして2日目も、お仕事→札幌丘珠空港⇒根室中標津空港、お仕事、
根室中標津空港⇒札幌丘珠空港→移動→千歳空港⇒羽田空港という
ハードなスケジュールでした。

北海道出張の日、ツレも居ないので実家に電話をすると・・・、
母はこういいました。

「え、ツレくん北海道に出張なの!?いやー、大変ねぇ。
 じゃぁ、悪いけど白い恋人と六花亭のレーズンサンド頼んでくれる?」

そして電話を切った後にはこんなメールまで届きました。(汗)

「子どものようなばばです。
 40年以上たっても忘れられない白い恋人の味、賞味期限騒ぎも
 何等影響なく人気保っている北海道の代名詞的な菓子だね
 よろしく」

本当に子どものような母です。
旅行ならともかく、出張なんですが((((^^;

そして、今度は姉に電話してみると・・・

「え~、お母さんそんなこと言ったの!? じゃぁ、私も便乗して、私の家にも~。
 M(姉の旦那)がレーズン苦手だから、私の家は白い恋人だけでいいや。
 よろしく。」

!?
旅行ならともかく、出張なんですけど・・・。(2度目)

私も血の繋がりがあるのか、この人たちと。。
・・・・絶句でした。 さすが親子!! 

ま、でも結局は頼んでツレに買ってきてもらったんですけどね。
それに私も便乗して1個買ってきてもらいました。あはは~。
ツレも自分で1箱買ってきてたし、ま、いいか。

久々に食べましたが優しい味でした*^^*
レーズンサンドは母がお持ち帰りで写真はありません。

ツレ、忙しいところ、本当にありがとう!
いつも優しい貴方にくびったけよ♡♡♡(苦笑)

☆ ☆ ☆
ツレが会社の人に買ってきた北海道土産。
北海道限定のじゃがポックル♪
こちらも、定番のお菓子ですね~。
f0180200_8503538.jpg




「白い恋人」の名前の由来はご存知ですか?
今まで何十回も食べてきましたが、私は今回初めて知りました。

箱に書いてある説明を抜粋すると・・・

白い恋人の名前の由来には、こんな物語があります。
あわただしい師走の街に雪がやさしく降り出していました。
スキーを楽しんだ帰りの中、創業者が何気なく言った運命的な一言。
「白い恋人たちが降ってきたよ。」
この言葉がそのままお菓子の名前になって
白い恋人が誕生したというわけです。
スイートなチョコレートをやわらかいクッキーえサンドした
白い恋人は優しさと想い出がいっぱい詰まったお菓子です。


思わず私は「素敵~。ロマンチックだねぇ。」とツレに言いました。
が、ツレは「何だよ、それ。物語じゃねぇだろ。」と・・・。

カッチ~ン。

確かに物語と言うには大げさかもしれません。
でも、降り出した雪を「白い恋人」とたとえるなんて素敵だなぁと
私は素直に思ったのです。
ま、「白い恋人たちが降ってきたよ。」よりは、「白い恋人たちがやってきた。」のほうが
私好みですけど。(笑)

でも、降りだした雪を「白い恋人」とたとえるその心、気持ちが素敵だと思ったのです。
実際に言われたら「くっさー。」とか言ってしまいそうですけれども・・・。

日常の中の些細な事にも感動できることって素敵だと思います。
小さな喜びを大切に、美しいと自分が思う「その心」を大事にしたいと
思ったのでした。

こんなことを考えていたら、私の大好きな相田みつをさんの詩を思い出しました。
うつくしいもの」 ※音出ます!
[PR]
by unice_321 | 2008-11-03 09:06 | お店のお菓子