食と旅を中心に、思うことや日々の徒然など、気の向くままに綴っています。


by unice_321
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

読書の記録。

家の近くに図書館があるというのは便利だと思います。
我が家の本棚という感じで、足繁く図書館に通っている私たち。
(もはや図書館の無い生活は考えられないくらい!?)

徒歩20分圏内に、これとは別の図書館も2~3館あるので
様々な本との出会いを求めて(&運動のために)
ぷらぷらと出かけます。

図書館によって蔵書が異なっているので、
色んな図書館を見て歩くのは意外と楽しいんです。


で、今回はひたすら最近読んだ本の記録&感想です。


スタイリングが可愛らしいだけでなく、料理内容も美味しそう。
表紙を見て、とりあえず手にとった一冊。この方の他の本も見てみたい。

おひさまと、朝ごはん。―和定食からブランチまで、太陽の恵みいっぱいの素材を楽しむ毎朝レシピ (MARBLE BOOKS―daily made)

星谷 菜々 / マーブルトロン




所謂、文学作品が読みたくて借りた一冊。夏目漱石が教師をしていた時代の
写真や作品中のモデルとなったと言われている人の写真が載っていて
作品の面白さだけでなく、当時の様子を知るという意味でも楽しめた。

坊っちゃん (集英社文庫)

夏目 漱石 / 集英社




返却棚にあって借りた本。タイトルにひかれて直感で手にとって見た。
ベーキングパウダーを使用しないシフォンケーキレシピが使えそう。
ケーキなんかも参考にしてみたり・・・。

もっちりシフォンさっくりクッキーどっしりケーキ―オーガニックなレシピノート

なかしま しほ / 文化出版局




ツレが借りてきて読んだ本。斜め読みしたので内容はきちんとは覚えていない。
この類には詳しくないので・・・納得したような、しないような。
画素数で写真を比較しながら説明してあるのが面白かった。

デジカメに1000万画素はいらない (講談社現代新書)

たくき よしみつ / 講談社





以前にも書いたかもしれませんが、本屋さんでみて「気になる!」と
いう本を図書館で借りられるのは本当に便利です♪
それで気に入ったら買えばいいし、期待外れならそれはそれでいいし。


ただ、人気のある本や新刊はすぐには借りられないんですれどね^^;



ご興味のある方は、まだ続きがあるのでご覧ください。
ほとんどは料理本ですが(^^;
 



 
ツレが借りてきた本。タイトルのとおり内容も"男子ごはん"という感じ。
(って、TV番組もそういうタイトルだし・・・。そのまんまだけど。)
私はそこまで内容にはひかれなかったけれど、ツレはひかれた様子。

太一×ケンタロウ 男子ごはんの本

ケンタロウ / M.Co.(角川グループパブリッシング)




カフェで見つけた1冊。著者は、卵、肉、乳製品を食べない人。
その人の1年間のご飯絵日記(365日分の日記ではなく抜粋した日記)。
たまに、お店の名前が出てきたり簡単なレシピが載っていて
お料理の参考になる。

おとなのごはん日記

岸本 葉子 / 成美堂出版




圧力鍋のおかずの本。圧力鍋を使った料理って、
どの本を見てもあまりレシピとか載っている料理って変わらない気がして、
枝元さんのレシピはどうかと思って興味本位で借りた1冊。

圧力鍋の絶品おかず―手早くできて、ホントにおいしい! (別冊エッセ)

枝元 なほみ / 扶桑社




デジイチを購入してから、もっとカメラの仕組みについて知りたくて借りた1冊。
露出の説明が分かりやすいとツレは言っていた。

今日から始めるデジタル一眼レフの基本テクニック

大西 みつぐ / 成美堂出版




上の本と同じ目的で借りた1冊。初心者(入門者?)にとっては
カメラのお手入れ方法も掲載されていて有難い。

デジタル一眼レフ こんな写真が撮りたかった!

山岡 麻子 / 日本実業出版社

 

※カメラ本はもう少し借りてみて、気に入った本を購入したいと思っています^^



漫画で6巻で完結。以前、テレビドラマにもなったらしい。
会社の先輩から全巻もらった。(いらない、とも言えず・・・。汗)
ワインの勉強にもなるからいいか!?

ソムリエ (1) (集英社文庫―コミック版)

城 アラキ / 集英社




これは確か中学生の時に地元の図書館で借りて読んだ本。
この本で初めてジャンヌダルクを知った。
今、ふと思い出して、また借りたくなったのでご紹介まで。

マーク・トウェインのジャンヌ・ダルク

マーク・トウェイン / 角川書店


 

私はほとんどは直感とか、
目に付いて気になったという理由で本を借りています。
ツレは私とはタイプが違っていて、事前に検索システムで
調べて予約するのが主です。

なんというか、図書館の本棚の前に立つと、
興味のある本で、かつ、検索システムでは検索できなかった本に
出合えるのです。


それに、図書館は雑誌もあるし、冷暖房もきいているし、
時間つぶしにもいい場所なんですよね~。(←不純な利用動機ですが。)
 
[PR]
by unice_321 | 2009-06-28 12:11 | 読書・映画・TV